創業以来、芋けんぴ一筋!高知、土佐銘菓「芋けんぴ」をはじめ、さつま芋菓子・さつま芋スイーツの専門店として国内産の厳選したさつま芋を使用した、
特撰芋けんぴ・塩けんぴ・細切り芋けんぴ・芋チップ・チョコけんぴ・スイートポテト・焼菓子・洋菓子・さつま芋焼酎などを販売しております。

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-03-7421

トップ > コンテンツページ > 芋屋金次郎について

芋屋金次郎について

芋屋金次郎について

芋屋金次郎は、日本一の芋けんぴ生産量を誇る
澁谷食品から生まれた芋菓子専門店。
昭和27年創業以来、澁谷金次郎がこだわり続けた
芋けんぴへの思い、その夢をかたちにしたお店です。

創業以来、芋けんぴ一筋。

 芋舖「芋屋金次郎」の母体は、高知県高岡郡日高村にある老舗芋菓子メーカー「澁谷食品株式会社」。昭和27年の創業以来、芋けんぴ一筋に生きて来ました。

 現在、澁谷食品を含むシブヤグループが年間に使用している芋の量は約12,000トンで、全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売されている芋けんぴの約半分近くがシブヤの商品です。

 芋屋金次郎は、日本一の芋けんぴ生産量を誇る澁谷食品から、ワンランク上のフレッシュな芋けんぴを提案する専門店として平成17年にオープンしました。

掘りたてのコガネセンガン 芋けんぴ一筋

創業者にちなんで金次郎と名づけました。

 芋屋金次郎という名前は、母体である「澁谷食品」の創業者・澁谷金次郎にちなんで名付けたもの。

 先代金次郎は独創的で先見性に富んだ人物でした。素材である芋を最後まで大事に使い尽くしたいという金次郎のその思いが、芋から育てるシブヤグループの基本となっています。先代金次郎から受け継いだ開拓精神に習って、新しい芋けんぴの生き方を探求していく芋屋金次郎です。

芋屋金次郎

芋がものいう。芋屋金次郎のこだわり。

 芋けんぴは、芋と砂糖と油だけで作る素朴なお菓子です。だからこそ、主原料となる芋のうまさと品種、栽培方法にまで頑固にこだわります。

 今も創業時と変わらない昔ながらの素材と製法で作っているので、添加物や合成甘味料は一切使っていません。芋屋金次郎は芋にも製法にも創業当時から今も変わらぬこの頑固さです。

芋屋金次郎のこだわり

  • おいしさは大地から
  • 無添加、自然の素材
  • 芋一筋、芋菓子専門