創業以来、芋けんぴ一筋!高知、土佐銘菓「芋けんぴ」をはじめ、さつま芋菓子・さつま芋スイーツの専門店として国内産の厳選したさつま芋を使用した、
特撰芋けんぴ・塩けんぴ・細切り芋けんぴ・芋チップ・チョコけんぴ・スイートポテト・焼菓子・洋菓子・さつま芋焼酎などを販売しております。

お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-03-7421

トップ > コンテンツページ > 芋屋金次郎について > 素材、製法へのこだわり

無添加・自然の素材

芋けんぴは芋と油と砂糖だけ。
添加物や合成甘味料は使っていない無添加の自然食品です。
安心もおいしさの一部だと思っています。

芋けんぴは無添加の自然食。

 芋けんぴは、芋と油と砂糖の自然な材料だけで作る無添加のお菓子。私たちにとってはシンプルがゆえにむずかしく、製法や原料にこだわればこだわるほど、安全や安心もおいしさの一部だと考えるようになりました。

 また、基本原料だけではなく、芋けんぴの味付けに用いる素材は黒糖や黒胡麻、海水塩など、昔ながらの自然素材にこだわっています。

 芋屋金次郎がお届けしている芋けんぴはみんな自然素材、もちろん無添加です。

オリジナル配合の金次郎油で揚げています。

金次郎の芋けんぴは、最高級のなたね油と米油をブレンドしたオリジナルの油で揚げています。油菓子はどうしても酸化しやすく、揚げてから時間が経つほど油の味が強まって、芋の風味が落ちてきます。工場では一日に何度も、揚がりはどうか、味はどうかと、社員みんなで食べてチェックしています。

工場には油の「分析室」があります。

 油が劣化してくると、揚げた芋の風味が落ちてきます。芋屋金次郎ではスタッフが、毎日、作業中の油を抽出し、油の劣化度を計って調べています。食品衛生法の油菓子の品質基準に示された数値よりも早い段階で、惜しげもなく新しい油に交換しています。それが芋屋金次郎の心意気だと思っています。

糖蜜のかけ方、それはヒミツです。

 芋屋金次郎の糖蜜は、グラニュー糖を溶かして作ったもので、その配分やかけ方でおいしさに差が出ます。但し、その技術は企業秘密。芋本来のおいしさ、甘さを味わっていただける芋けんぴが金次郎の身上です。

  • おいしさは大地から
  • 無添加、自然の素材
  • 芋一筋、芋菓子専門